両立支援への取り組み こどもとかぞくのためのきょうしつ〜SunnyWork〜

次世代育成対策推進法・・・2003年制定、2005年施行 急速な少子化の進行などの諸問題に伴い、企業に対しても「次世代を生み・健やかに育てる環境づくり」に対しての「行動計画」が義務化されるといった法案です。301名以上の労働者を抱える事業主は義務として、また300名以下の労働者を抱える事業主にも努力義務として制定しています。



次世代育成推進法が施行され、さらにCSR(企業の社会的責任)が声高に叫ばれる昨今、企業に求められている大きな責任としてあげられるのが「こどもを生み・育てることを応援していく環境づくり」です。 子育て世代(20歳以上50歳未満)がほぼ100%のファニーワークでは、この法案に基づき、2009年2月1日に第一回の一般事業主行動計画を策定し、社員が働きやすい環境、子育てしやすい環境を整えるよう取り組んでまいりました。 その結果、第一期の一般事業主行動計画の目標を達成することができたため、計画期間を短縮し、変更しました。

変更後の期間 平成21年2月1日〜平成24年11月30日
変更 平成24年11月23日
届出 平成24年11月30日

株式会社ファニーワーク 行動計画